Pularite

Amazon・Appの人気商品を紹介

派遣が貯金出来ない理由とは?低所得者から抜け出す方法を紹介

派遣での生活は”悲惨”という一言につきます。実家に住んでいる場合はまだいいのですが、一人暮らしだと月々の家賃・水道光熱費・通信費などの生活費のやりくりだけで精一杯になっていまいます。

 

派遣社員がこうも低所得者になるのにはいくつかの理由が勿論あります。今回は派遣社員低所得者になる理由、そして低所得者から脱する方法を紹介していきます。

原因は給料の低さにある

何と言っても根本的な原因は給料の低さにあると言えます。IT系など資格必須の派遣は時給が2000円台と高いですが、それ以外の工場・倉庫などの派遣は高くて時給が1000円のことが多く、3桁の場合も多々あります。

1カ月の給料は新入社員並み?

派遣は基本残業をしないので、労働時間は8時間もしくはそれ以下になります。時給が1000円で1日8時間働いたとすると1000×8=8000が給料になります。

 

8000円なら月に20日働いたとして8000×20=160,000とそこそこの額にはなり、新入社員の手取り並みの給料になります。

 

しかし、160,000という額はあくまで基本給であり、ここから更に健康保険・年金・所得税などが引かれます。

交通費が出ない

さらに派遣社員は交通費が基本支給されません。現場まで自費で向かうことがほとんどです。近い現場なら自転車で通えますが、遠い現場だと電車・バスで通うことになります。

 

電車やバスを使うと往復で約500円~1,000円かかるため。これを給料から引かなければなりません。その上、給料には所得税がかかり約1000円が引かれます。

 

これを考えると時給1000円の現場で8時間働いても、8000円-交通費(500円)-所得税(1000円)と貰える額は6500円になります。

 

これを月20日働いたとして6500円×20日で130,000円が貰える額です、ここから健康保険・年金分を控除すると130,000-10,000(健康保険)-10,000(年金)=110,000円になります。

家賃・水道光熱費・通信費を考えると

さらに家賃40,000円で月々の水道光熱費・通信費が15,000円かかると考えると110,000-40,000-15,000=残る額は55,000です。

 

現場に向かうための交通費も考えて、交通費分1カ月は貯金する必要があり、さらに食費もかかると考えると手持ちにはお金が残りません。

 

貯金なんて夢のまた夢で、1日でも仕事を休んだりしてしまうと外食でさえ出来なくなっていまいます。

仕事でのストレス

派遣社員の仕事は基本楽なものが多いです。事務系の仕事ならデータ入力(エクセルに簡単な数字を入力する)トラックの荷卸し、シール貼り、検品などが仕事内容になります。

 

仕事自体は簡単ですが、単純作業のため非常に退屈になりやすいです。単純作業のため2時間近く作業をするとストレスもたまってきます。さらにトラックの荷卸しなど肉体労働は体への負担も大きく、これもストレスになります。

 

さらに現場が毎回違うため、対人関係が苦手な人には非常に苦痛です。それに現場が違うと交通手段も前日に調べる必要があり、当日も地図を片手に現場に向かうため必要以上に疲れます。

 

こうして疲れやストレスが溜まると発散したくなるのが人間で、酒やタバコや食で発散してしまいます。こうするとまた出費が増えるため、さらにお金はなくなっていく一方になってしまいます。

さらに働こうと思って

こうしてお金が少ないという状況になると「もっと働こう」と考えます。更に働こうとして土曜日も働くとし、週5日から週6日にします。

 

はじめのうちは週6日でも働けますが、次第に体は悲鳴をあげていきます。派遣の仕事は肉体労働もあるし、さらに肉体労働ではなくても立ちっぱなしの仕事が多いので予想以上に体に疲れは溜まります。

 

体が悲鳴をあげていて働くと、最悪倒れてしまい働けなくなって収入が0になるという可能性も考えられます。こうなってしまうと、消費者金融に手を出し借金まみれという結末になっていまうことも十分あり得ます。

低所得者から脱するために

このようにお金が少ない状況、低所得者になると脱することを誰しもが考えます。しかし、中々うまくいかないために派遣社員として過ごしてしまうことがほとんどです、ここからは低所得者から抜け出すための方法を紹介します。

方法① 正社員を目指す

こちらは誰しもが思いつく方法だと思います。最もかつ簡単に低所得者から抜け出すことが出来ます。

 

従来とは違い最近では派遣・無職からの正社員への難易度は簡単になってきています。自分の学歴や資格を生かす、派遣生活で得たスキルをアピールするなどすると、意外と正社員になれることも多いようです。

方法⓶ 派遣会社を変える

派遣会社を変えるのも1つの手です。派遣会社が違うだけで時給が100円あがることも珍しくなく、簡単に今の生活を変えることが出来ます。

 

さらにIT系の派遣会社に変えることで時給を2000円近くにあげる方法もあります。時給が2000円なら普通の正社員と変わらない生活が送れますね。

 

現在はIT未経験の方へのサポートが豊富で1から学べるプログラミングスクール・サービスがあります。IT業界が人材不足なので、空いた時間にサービスを受けながらIT系の派遣会社に変えるのもいい方法と言えるでしょう。

方法③ 収入源を増やす

そしてオススメなのが収入源を増やす方法です。現在は手軽に収入源を増やせる方法が沢山あり、パソコンまたはスマホがあれば簡単に始められます。

 

収入源を増やす方法として挙げられるのは株・FX、不動産投資、アンケート・ポイント、写真販売などがありますが、初期投資や稼げる額を考えるとオススメは転売・アフィリエイトがいいです。

 

初めのうちは手こずることも多いですが、次第に派遣社員以上に稼げるし正社員の給料以上稼ぐことも出来ます。

諦めないことが大切

低所得の現状から脱するなら、諦めないことが大切です。正社員を目指すにしても、収入源を増やすにしても継続することが何よりの近道になります。